2016年6月18日土曜日

一脚の雲台を変える - クイックシューをやめてみる

Links to this post

一脚に以前はクイックシュー式の自由雲台を使っていました。SLIKのSBH-120 DQ Nです。これを固定式のベルボンのQHD-43に変えてみました。

使っている一脚はベルボンのウルトラスティックL50です。

クイックシューは脱着が楽で使い易いだろうと思っていたのですが、どうも最近そうでもないように感じてきました。

それはクイックシューはプレートをカメラ本体に取り付けるのにドライバー(あるいは硬貨)が必要です。これが意外と面倒。さらに複数のカメラを使おうとするとプレートが台数分必要です。プレートをいちいち取り替えていたらクイックシューの意味がありません。するとプレートを台数分所有している必要があります。雲台の種類が違うとその分買い揃える必要があります。全部そろえても稼働率はそんなに高くありません。けど揃えなければ使いづらくなります。さらに外出するとき忘れずにプレートをカメラ台数分もっていかないといけないのですが忘れる時があります(雲台に付いているからというだけで台数分持っていく、ということを忘れがちです)。

さらにベテランの様子をみていると、固定式のネジでの付け外しも意外と簡単そうです。