2016年6月18日土曜日

一脚の雲台を変える - クイックシューをやめてみる

Links to this post

一脚に以前はクイックシュー式の自由雲台を使っていました。SLIKのSBH-120 DQ Nです。これを固定式のベルボンのQHD-43に変えてみました。

使っている一脚はベルボンのウルトラスティックL50です。

クイックシューは脱着が楽で使い易いだろうと思っていたのですが、どうも最近そうでもないように感じてきました。

それはクイックシューはプレートをカメラ本体に取り付けるのにドライバー(あるいは硬貨)が必要です。これが意外と面倒。さらに複数のカメラを使おうとするとプレートが台数分必要です。プレートをいちいち取り替えていたらクイックシューの意味がありません。するとプレートを台数分所有している必要があります。雲台の種類が違うとその分買い揃える必要があります。全部そろえても稼働率はそんなに高くありません。けど揃えなければ使いづらくなります。さらに外出するとき忘れずにプレートをカメラ台数分もっていかないといけないのですが忘れる時があります(雲台に付いているからというだけで台数分持っていく、ということを忘れがちです)。

さらにベテランの様子をみていると、固定式のネジでの付け外しも意外と簡単そうです。

2016年6月8日水曜日

LUMIX GX7 Mark II & 最新LUMIXと交換レンズセミナー @ビックカメラ新宿西口

Links to this post
P3510505

にビックカメラ新宿西口店で「LUMIX GX7 Mark Ⅱ & 最新LUMIXと交換レンズセミナー」(Internet Archive)をききました。講師は上田晃司先生。

内容は、パナソニック DMC-GX7MK2の紹介です。

2016年6月5日日曜日

Adobe Digital Photo & Design 2016 @渋谷ヒカリエ

Links to this post
IMG_5763
「風景&ネイチャー レタッチの教科書」
講師:桐生彩希 (撮影許可あり)

に渋谷ヒカリエへアドビの 「Digital Photo & Design 2016」(Internet Archive)へ行きました。

Adobeの製品はマイクロソフトの製品とならんで、GUIがひどいので嫌いですが、Apertureが開発中止となったため、写真整理ソフトと現像ソフト、特に写真整理ソフトを何かに移行しなければなりません。Apertureで整理された今のデータを何か別のものに変換しておく必要があります。

LightroomだけがApertureのファイルを読み込んで取り込む機能をもっているので、Lightroomについて直接Adobeのデモを見られたらという(期待はしていませんでしたが)ことで参加してみることにしました。

現像ソフトは私はDxO Optics Proも使っています。ただ写真には他人と違うことを求める先生方の多くもなぜかアプリケーションについては「みんなが使っているから」とLightroomを推薦/常用したりなさるのでLightroomも持っているしかないのかなあ…という「いやいや持つ」的な感情はあります。(私の場合大抵これは成功しない)